トリプルHがタイソン・フューリーについてコメント


昨年のクラウン・ジュエルでWWEデビューを果たしたタイソン・フューリーは、今後再びWWEのリングに上がる可能性があります。

スポンサーリンク

トリプルHは最近『UK Metro』のインタビューで、フューリーとWWEの将来について語りました。

「こちらのドアはオープンの状態で、彼も同じだと思うが、今後いろいろなことがある。2月22日に行われる試合(デオンテイ・ワイルダー戦)は、彼にとって次のステップがかかった大きなものになるだろう。だから私たちはそのことについてオープンにしているが、全員にとって適切なものになる必要がある」

「タイソン・フューリーには色々な考えがあるんだと思うよ。彼は私たちと一緒に仕事をしていた。興味深いことに、彼が私たちと一緒に仕事をしていたときに記者会見を行って、そこで知ったことの一つに、彼は子供の頃に心の中で自分のことをボクサーではなく、WWEスーパースターだと思っていたんだ」

「それはエンターテインメントの側面であり、彼の楽しませたいという気持ちが前面に出てきたんだろう。だから彼は私たちともっと何かをしたいんだと思う。もっと大きなことをしたいと思っているだろうし、エンターテインメントの価値を理解しているはずだ。これは彼にとって、チャンピオンや何かにならなければいけないといったことではないんだよ」

なおタイソン・フューリーはレッスルマニア36に出場するとの噂もありますが、それは全てデオンテイ・ワイルダー戦の結果次第となるかもしれません。

スポンサーリンク