トラクターのシーンはリハーサルをしていた?

サマースラムのメインイベントで行われたローマン・レインズ対ブロック・レスナーのラスト・マン・スタンディング・マッチは、印象に残る試合となりました。

試合中にレスナーがトラクターでリングを持ち上げて、リング上にいたレインズはリング外へ転がり落ちることになりました。

『PWInsider』によると、トラクターのシーンは計画していたよりもはるかに難しいものだったと伝えています。

プロダクションチームのメンバーの一人が前日の金曜日にリハーサルを行ったものの、見た目よりもずっと難しかったということです。

またレスナー自身は農業経験以外ではトラクターの練習はしておらず、それでも本番で印象的なシーンを作り出したレスナーはすごいと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

 

関連記事

8月1日 Raw

7月29日Smack Down

TOP