マイケル・コールが難聴であると明らかにする

WWEのマイケル・コールは『The Pat McAfee Show』に出演し、様々な話題について語りました。

番組のCM明けに司会者のAJホークが、CM中にコールとマカフィーが話し合っていたことについて触れました。

マカフィーは「マイク・コールは耳が聞こえないから我々が言うことは何も聞こえないんだ」と言及しました。

コールはその事実を認め、難聴でありながらもWWEの仕事を続けることができる理由について明らかにしています。

「実際私は65%の聴覚が失われている。放送中はヘッドセットの下に特別なイヤホンを装着して聞こえるようにしているんだ」

「レッドライトが点灯したときは楽しいね。そこに至るまでその週には色々あるけど、金曜日の20時にレッドライトが点灯したときは世界で最高の仕事だよ。実況すると同時に、解説者でもあり、ストーリーテラーでもあり、ナレーターでもある。俳優でもあり、ショーの一員でもある。あらゆる可能性を秘めた最高の仕事だよ」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP