ヤング・バックスがWWEとサインしなかった理由を説明


ヤング・バックスは最近、エッジとクリスチャンのポッドキャストに登場し、WWEに加わることについて尋ねられました。

ニック・ジャクソン「私たちはWWE以外で契約中だから、私の意見を明らかにすることはできないんだ。18ヵ月ほどはね。しかしどうなるかはわからないよ。答えにくい難しい質問だ。なぜなら今やっているところで活躍しているから、明らかにできないんだ。でも本当に何もわからない。だから何も言わない。だからといって、WWEは誰もが戦いたいと思う場所だから、否定することはできないかな。だから行かないと言うこともできないが、自分たちがいまやっていることで満足だ。だから先のことはわからない。残念なことに、これは私たちについて回る問題になりそうだ。でも何もわからないよ」

マット・ジャクソン「私たちがもしWWEに行けたとしても、今私たちが行くタイミングではないね。なぜなら世界中のレスラーがWWEへ行くからね。だから今WWEに行くことに関しては、冷静にならなければならない。やぁジョニー。今この男はサインしたんだ。世界中のみんな、imad未だにインディーではビッグネームで、本当に必要とされている男だ」

「もし私たちが今すぐWWEに行ってサインしたとしても、サインした他の男と同じ扱いさ。同じように、フロリダにはすでに100人もいるような気がする。だから私たちがおそらく今サインしたところで、大勢の中でシャッフルされてポジションを失ってしまうだろうと感じているよ」

(情報:prowrestling.com)

スポンサーリンク