ジョジョ・オファーマンもすでにWWEを退団していた?


先日ブレイ・ワイアットがWWEからリリースされたことが発表されましたが、パートナーであるジョジョ・オファーマンもすでにWWEを去っていたようです。

スポンサーリンク

『PWInsider』によると、オファーマンは6~8ヵ月前に密かにWWEからリリースされていたと伝えています。

オファーマンは2013年にWWEに加入し、リングアナウンサーとして活躍してきました。数年前からワイアットと交際関係にあり、2019年5月に第一子を出産し、2020年5月に第二子を出産しました。

ここ最近ではWWEへの登場は全くありませんでしたが、すでに契約解除されていたことからワイアットとともにすでにWWEの一員ではなくなっています。

また『Mat Men Pro Wrestling』のアンドリュー・ザリアンは、WWEの放送パートナーであるFOXやUSAネットワークはワイアットがリリースされたことに不満を持っていると指摘しています。

そのため今回のワイアットのリリースは関係者にとっても驚きだったようです。

なおWWEをリリースされた選手は90日間の競業避止義務が設定されていることから、ワイアットが他のプロモーションに出場するのは10月以降になる可能性があります。

スポンサーリンク