AJスタイルズ、「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」PPVについてコメント


AJスタイルズは『インサイド・ザ・ロープ』との最近のインタビューで、今年7月に開催される予定で、議論の的となっている「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」PPVに対してコメントしました。

「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」は、1957年にジェリー・リー・ルイスによって出された曲で、その時代の中で、最も人気のある曲の一つとして、広く知られています。

WWEは、RawブランドのPPVイベントが、「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」に変更になると発表しました。その後プロレス界には、笑い声、怒り、はっきりとした不満に至るまで、このユニークな名前に対して、さまざまな反応がありました。

論争の的になっているPPVの名前について、彼の考えを尋ねられたとき、AJスタイルズは驚いた様子でした。

「本当にPPVの名前が、グレート・ボールズ・オブ・ファイアになったのか?ピアノはどこにあるんだ?ピアノでハードコアマッチでもやるのか?私がグレート・ボールズ・オブ・ファイアと聞いたとき、ピアノしか思い浮かばなかったよ。それは私が言っていることだけどね」

さらに去年のSmack Downのスコットランドでの最初のTV収録で、とても注目を集めたことを知ると、AJスタイルズはスコットランドの観客が素晴らしかったと繰り返し述べて、ファンが好きな選手を見て喜んでいるのと同じくらい、自分も喜んでいると主張しました。

WWEの「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」は、7月9日にテキサス州ダラスで開催されます。尚、AJスタイルズは現在Smack Down Liveに参加しているため、RawブランドのPPVに出場することはないでしょう。

(情報:sportskeeda)

スポンサーリンク