クリス・ジェリコのインタビュー「WWEを離れることについて」


クリス・ジェリコは、ラジオ番組に出演し、WWEでの彼のパフォーマンスが終了し、最近の動きについてどのように感じたかを語りました。

「もともとの計画ではレッスルマニア33で、オーエンズとの対戦後に終了する予定だった。でもビンスが私に、4月30日、5月1日、5月2日にいて欲しいという考えを持っていたため、ちょっと状況が変わったんだ。」

「でも楽しかったよ。私たちはFozzyと一緒に1年半の休暇を取ったんだ。そして彼らと部屋に戻ってきて、初めてリハーサルでユダを演奏したんだ。本当にエキサイティングだね」

「それはWWEの世界から私を連れ出し、すぐにFozzyの世界に入っていった。Smack Downで何が起こったのか本当に覚えてないくらいだ。私が予想していたよりもちょっとクレイジーだね」

「でももし私に“これはキャリアの中で最高の時間だったのか?”と尋ねても、私は答えられないね。それはファンや、ショーを見ている人たちが決めることだよ」

「私のお気に入りの一つは間違いなく、ショーン・マイケルズとトップを争ったことだ。ショーン・マイケルズ、レイ・ミステリオの時代だったし、ビッグ・ショーは私のパートナーだった」

「ケビン・オーエンズとのパートナーシップ、リスト・オブ・ジェリコなどこれらすべては、正直に言うと自分でも驚いたね」

「でもこれはババ・レイにも言ったんだけど、レスリングビジネスでは、チャンスをつかんだときには、やらなければならないんだ。再び起こるかどうかはわからないからね」

「だから昨年3月を乗り越え始めるとすぐに、私たちはFozzyで実際には、あまりやっていなかったことを知ったんだ。他のみんなはストック・モジョで活動していたから、“聞いてくれ、2016年はWWEに留まるつもりだが、その後休暇を取ってバンドで活動しよう”と言ったんだ」

「私はそれがかなり楽しいルートだったと思う。火曜日のSmack Downまでだんだん良くなっていったからね」

「オーエンズとジェリコとの間にあった物語を終わらせる素晴らしい方法だった。私たちは浮き沈みがあり、いろいろなことをやったり、お互いに戦ったりして、ついに日曜日のペイバックに驚きの勝利を挙げたんだ。」

「そして彼は私を連れ出し、火曜日に白馬の騎士を殺すことは、適切な終わり方であり、全て完成した良い方法だったと思うよ」

スポンサーリンク

(情報:prowrestling.com)