ロリンズ対リドルの特別レフェリーにダニエル・コーミエか

10月8日のエクストリーム・ルールズでは、セス・ロリンズ対マット・リドルによるファイト・ピット・マッチが行われます。

MMAジャーナリストのアリエル・ヘルワニによると、この試合の特別レフェリーとして元UFC2階級チャンピオンのダニエル・コーミエが務める予定だと伝えています。

さらにWWE公式Twitterも詳しくは次回RAWでとコメントしています。

コーミエはUFCでヘビー級、ライトヘビー級の2階級チャンピオンになっており、2020年に現役を引退しました。

その後UFC殿堂入りを果たしており、現在では『ESPN』でUFCの解説を務めています。

スポンサーリンク

プロレスが好きなコーミエは過去にWWE入りの噂も出ていましたが、今回は特別レフェリーとしてWWEのリングに上がることになりそうです。

関連記事

TOP