ウィリアム・リーガルなどがリリースされる


WWEは新年からNXT 2.0のスタッフをリリースすることになったようです。

『PWInsider』によると、WWEは1月5日にパフォーマンスセンターのスタッフを何人かリリースしたと伝えています。

その中にはウィリアム・リーガルやNXTプロデューサーのロード・ドッグも含まれていたということです。

ウィリアム・リーガルは人材育成のディレクターやグローバル採用のヘッドを務めており、2014年から2021年のNXT 2.0スタートまでNXTゼネラルマネージャーを務めていたことでも知られています。

NXTやパフォーマンスセンターの解雇にはライター、コーチ、プロデューサーがいて、コストカットの一環として行われたということです。

スポンサーリンク