WWEが2022年からDVDの販売をやめる?

WWEはこれまでペイパービュー大会などをVHSやディスクにて販売してきました。

1985年にVHSを販売して以来、最近でもDVDやBlu-rayなどで販売してきましたが、今年で最後になるようです。

『Wrestling DVD Network』によると、アメリカやカナダにてDVDとBlu-rayが2022年から販売されなくなると伝えています。

最後のリリースになるのは今のところサバイバーシリーズ2021になるとし、12月28日に発売される予定だということです。

またドリュー・マッキンタイアのDVDが12月14日に予定されており、これがアメリカで発売される最後のスーパースターをテーマにしたDVDになるとしています。

理由について明らかにされていないものの、おそらく収益面が影響していると指摘しています。

WWEは近年DVDやBlu-rayにあまり力を入れておらず、今後はWWEネットワークやPeacockでのコンテンツ制作に力を入れていくことになるようです。

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP