サミ・ゼインのバックステージコメント


Smack Downではサミ・ゼインがドミニク・ミステリオとのシングルマッチで勝利しました。

スポンサーリンク

1ヵ月以上Smack Downに登場していなかったサミ・ゼインにとっては久しぶりの試合となりましたが、試合後のバックステージインタビューで、番組を欠場した理由について聞かれ次のように語っています。

「今になって急に自分のために時間を割いてくれたのは不思議だ。この4週間俺は近くにいなかったが、連絡することはできたはずだよね?でも誰もしてくれなかった。メールも電話も来なかった。誰もサミはどこにいるんだと聞こうとも思わなかった。我々の時代の最も偉大なパフォーマーはどこにいる?最近の彼はどこにいる?って誰も聞こうとも思わなかった。でも俺が復帰した今、みんなが気にかけてくれるようになった。俺がどこに行っていたかを話すことさえ許されていないが、そのうちどこで何をしていたかがわかると信じて欲しい」

「この4週間俺はテレビに出るよう頼まれてもいなかったのに、ドミニク・ミステリオが今夜出場することができたのはなぜだろう?俺は世代を代表する選手だが、彼らは俺に出番を求めてこなかった。ドミニクや彼の父親が現実を知りたいとき、誰も俺のレベルには達していないことを思い出させるために、いつでも喜んで戦うよ」

スポンサーリンク