WWEとゲーム会社の関係が悪化している?


今年のサマースラムの中で、WWE2K22が2022年3月に発売されることが発表されました。

スポンサーリンク

昨年は発売されなかったものの、例年10月頃に発売されていたことから実質延期されることになりました。

『Sports Gamer Online』によると、WWEと2Kシリーズを開発しているビジュアル・コンセプト社がゲーム開発における要因で対立していると伝えています。

それによるとWWEはこれまで同様に2021年秋に発売することを求めていたものの、ビジュアル・コンセプト社が来年春に延期することを要求したことから、最終的にそれを受け入れたということです。

さらにビジュアル・コンセプト社が延期を求めた主な理由として、今年WWEが数多くの選手をリリースしており、そのうち何人かはWWE2K22に登場する予定だったことから、それに対処するために時間が必要だったようです。

2Kシリーズは前作のWWE2K20が多くのバグや問題により多くの批判を受けることになり、WWEは昨年2K21の発売を取りやめて2K22でさらに良いゲームを作るようにプレッシャーをかけています。

またWWEは今後他の開発会社と協力するよう公然と提案していることから、ビジュアル・コンセプト社にとってはこれを脅威とみなしており、多くの人が不満を感じているということです。

WWEとビジュアル・コンセプト社は以前と比べて良い関係ではなくなっているのかもしれません。

スポンサーリンク