アンダーテイカーの引退が、AJスタイルズにとって胸が痛い理由


『レコードスポーツオンライン』とのインタビューで、AJスタイルズはレッスルマニア33で引退したアンダーテイカーに関して、感情を明らかにしました。

AJスタイルズはレッスルマニア33で、シェーン・マクマホンを下し、アンダーテイカーはメインイベントで、ローマン・レインズに敗れました。AJスタイルズとアンダーテイカーは、WWEチャンピオンシップのために、ロイヤルランブルで抗争すると噂されていました。

しかし物事は計画通りにはうまくいかず、AJスタイルズは代わりにWWEチャンピオンのジョン・シナと対決しました。

アンダーテイカー対AJスタイルズの試合が行われなかったという噂が出た理由は、ジョン・シナ対アンダーテイカーのレッスルマニアでの試合が、アンダーテイカー対ローマン・レインズ、ジョン・シナは男女混合タッグマッチの試合のために、なくなったためです。

アンダーテイカー対AJスタイルズは、間違いなく『フェノム対フェノメナールワン』として、宣伝されていた可能性があるため、疑うことなく見守ることができました。

インタビューでAJスタイルズは、アンダーテイカーに関して、次のように語っています。

「彼が私の友人だったから、私が感情的だったことを伝えることができたんだ。彼と私はつながっているんだよ。私たちの両方に、とても近い共通の友人がいるから、彼と私はお互いを良く知らなくても、関係を築くことができた。しかしこれは胸が痛かった。なぜならWWEに来てからの長い間、現在のものに形作っているからだ。彼は去ったか?私にはわからないが、そう推測するだろう」

「アンダーテイカーの最後を見たかもしれないファンは、泣いてたんじゃないかな。彼の最後の試合では、最後の瞬間まで彼のやり方を実行し、やりたかったことをやったんだ。彼を尊敬するよ」

「彼はWWEの全てであり、私は彼に会い、彼と素晴らしい会話ができたことに感謝している。彼は素晴らしい人だ。もし彼が去って、もしあれが最後の試合だったら、彼を惜しむだろう」

AJスタイルズがアンダーテイカーの引退で、悲しみを感じると聞くのは非常に感動的です。彼が今まで言及していなかったので、彼とアンダーテイカーが、何らかの関係を持っていたのは、間違いなく驚くべきことです。

AJスタイルズ対アンダーテイカーは、私たちが決して見ることのできないドリームマッチの一つになります。

AJスタイルズは今月末のバックラッシュPPVで、USタイトルを賭けて、ケビン・オーエンズと対戦する予定です。

スポンサーリンク

(情報:sportskeeda)