サモア・ジョーのインタビュー、レスナーとNXTについて


サモア・ジョーは、1月にRawでデビューした後、トリプルHの後押しを受けて、セス・ロリンズを徹底的に攻撃しました。Rawですぐにインパクトを与えた後、WWEのトップスターと戦うことを望んでいます。

サモア・ジョーが目を向ける一人のレスラーは、ユニバーサルチャンピオンのブロック・レスナーです。クリス・ジェリコのポッドキャストで、彼は迫力ある対戦になるので、ビーストと戦うのが大好きだと語りました。

「確かに、私はたくさんそのように述べていると思う。ファンが見たいと思うものだし、ブロックと対戦したいと確かに思う。彼は信じられないほど非常に強烈だ」

サモア・ジョーはまた、彼がNXTに2年近くいた後、WWEのメインロースターデビューを果たした理由を明らかにしました。彼はフィン・ベイラーや中邑真輔とともに、ショーをより高いレベルに押し上げたため、WWEは彼を必要としていると語りました。

「私は2年間近くいたわけだが、NXTの推進に関連していたと思うよ。そしてそれは、私自身、フィン、中邑の問題だったと思う。私たちは中心選手の一部であったし、現時点ではツアーブランドになったから、私たちが必要とされていたんだ。ベイリーはもう一人の優秀な選手だ。人々の前に現れて、みんなを釘付けにしていた」

またサモア・ジョーは、NXT、ROH、ECWを比較しました。

スポンサーリンク

「NXTは今、WWEの中で3番目のツアーブランドであり、去ってしまう危険性がありながら、今持っている才能を生み出さなければならないレベルにある。それはROHやECWでも同じように、巨大なスター選手を作ることになるが、最終的にはチャンスが必要だし、ゼロから始めなければならないんだ」とジョーは付け加えました。