アンドレ杯バトルロイヤルがSmack Downで開催へ


2014年のレッスルマニア30以降行われてきたアンドレ・ザ・ジャイアント杯バトルロイヤルですが、昨年はパンデミックが発生した影響から開催されませんでした。

今年の開催も期待されていますが、アダム・ピアースは来週のSmack Downでアンドレ・ザ・ジャイアント杯バトルロイヤルを行うことを発表しました。レッスルマニア以外で開催されるのは初めてとなります。

出場選手は戸澤陽、エンジェル・ガルザ、セドリック・アレクサンダー、ドリュー・グラック、イライアス、エリック、グラン・メタリック、ウンベルト・カリージョ、ジャクソン・ライカー、ジェイ・ウーソ、カリスト、キング・コービン、リンセ・ドラド、メイス、マーフィー、ムスタファ・アリ、リコシェ、シェルトン・ベンジャミン、中邑真輔、スラップ・ジャック、Tバー、タッカーとなっています。

今年のレッスルマニアの初日はプレショーで試合が予定されていないと報じられていますが、バトルロイヤルはレッスルマニアのプレショーで行われることが多かったため、今年はSmack Downに変更した可能性があります。

さらにSmack Downではロバート・ルード&ドルフ・ジグラーが持つSmack Downタッグタイトルをかけたフェイタル4WAYが行われると発表されています。

なお来週のSmack Downはレッスルマニアウィークとなり、事前収録が行われる予定となっています。

スポンサーリンク