ステファニー・マクマホンがパンデミックでの取り組みを語る


WWEのチーフ・ブランド・オフィサーを務めるステファニー・マクマホンは、『Ad Age』のインタビューで現在パンデミックが起こっている中での取り組みについて言及しています。

スポンサーリンク

最近ではWWE内でも感染者が出てきていますが、ステファニーはあくまでも選手やスタッフの意志に任せているとし、さらにベストな検査体制や消毒などを徹底すると語っています。

「何よりもまず第一に、それは全て任意で自発的に行っているものであり、参加するかどうかは彼ら次第です。選手やクルーには意志を示してもらって、私たちはそれをサポートしています。さらに全てのプログラムを行う前により高度な検査を行っています。それは偽陽性や偽陰性が多く示される迅速な検査ではなく、可能な限りベストな検査をしたいと思っています。もちろん出演者やクルーの安全が最優先です。そのために毎晩パフォーマンスセンターでは霧吹きや特殊照明といったものでパンデミックレベルの消毒を行っています。これは特別な製品でスプレーしたところにウィルスとのバリアを作るものです」

フロリダ州は現在感染が広がっているものの、WWEはパフォーマンスセンターを拠点に活動しています。

感染状況は厳しいとしながらも、ステファニー・マクマホンはオーランドでできる限りの対策を進めていくと語りました。

「私たちはオーランドを拠点としています。それは正しい判断なのか。最適な場所になると期待してオーランドを選んだわけではありませんでした。ただ私たちはできる限り最高の場所にしたいと思っています。検査とプロトコルがそれを証明することになるし、確かに何人かは陽性になったけど、出演者やスタッフの多くが健康です。私たちは賢く敏感でいたいと思っていますし、彼らがいなければショーは成り立ちません。そして世界中のファンを楽しませたいと思っています」

スポンサーリンク