ヒース・スレーターの試合終了後のコメント


今週のRAWではドリュー・マッキンタイアとドルフ・ジグラーのセグメントが行われ、ジグラーは元3MBのヒース・スレーターを登場させました。

スポンサーリンク

4月にWWEをリリースされたスレーターでしたが、久しぶりのRAW登場となります。

そしてマッキンタイアはスレーターに簡単に勝利した後、ジグラーから攻撃を受けたスレーターを救出し、2人は抱き合って終了しました。

試合終了後のバックステージでスレーターはインタビューを受け、今回のRAW登場に対してコメントしています。

「正直言って、今は衝撃で頭がボーっとしているよ。でもそれはやらなければいけなかったんだ。知っているだろうけど、私とドリューは昔からの知り合いだ。彼は私のブラザーであり、私もそれを望んでいたから彼とは対峙したし、実現できたことに感謝している。とはいうものの、彼はエースであり、チャンピオンであり、親友なんだ。リングの中でも外でもブラザーだよ。彼が私を助けた後に抱きしめてくれたから、まだ私のことを大好きなのは間違いない。そうあって欲しいね。でもいい幕切れだったよ。この先どうなっていくかいずれわかるよ」

スポンサーリンク