レインズが家族のために収録不参加を決断した理由を語る


現在新型コロナウイルスの感染リスクを懸念して、WWEの番組に不参加を表明しているローマン・レインズは『The Hindu MetroPlus』のインタビューで様々な話題について語りました。

スポンサーリンク

欠場は家族のために決断したとするレインズですが、その理由はWWEにはいろいろな人たちが集まっている環境だからというのがあったようです。

「家族のために選択しなければならなかったんだ。WWEは安全な職場環境を作るために、可能な限りできることは全て行っていた。私が心配していたのは職場ではないんだ。今回の決定は主に、各パフォーマーはたくさん移動していて、私たちはみんなあらゆる場所から来ている多様性に富んだグループということが理由だったんだ。リングに上がるたびに同僚のことを信頼しているが、それが子供や妻など家族が関係してくると、単に同じだけ信頼することはできないということだ。でも私はWWEが大好きだから会社と対峙することは望んでいない。私は小さい頃からこの会社の一員だった。そういうわけで彼らを代表するときでも私は常に自分の問題として考えているんだ」

レインズは早く復帰したいと考えており、再びユニバーサルチャンピオンシップを追いかけていきたいと語っています。

「わかっているだろうけどぶっ飛ばす準備は出来ているよ。このパンデミックの期間中にもずっとトレーニングをしてきたんだ。誰もいないアリーナでパフォーマンスをするのは大変なことだし、それを行っている全ての選手を本当に称賛するよ。これまでに私が学んできたことはファンから反応を得たり交流するためだったから、無観客というのが最も難しいところだ。でもいざとなれば、最高レベルの試合をしてタイトルを獲得したいね。具体的にはユニバーサルチャンピオンシップだ。もしそうでなくても、私が山頂にいるのではなく私自身が山であることを証明するだろうね。ショーに出ているかどうかに関係なく、自分はWWEで最大のスターだから何事においても上手くやるよ」

スポンサーリンク