サーシャ・バンクス「ロンダ・ラウジーは私のレベルではない」


サーシャ・バンクスは『Sam Roberts Wrestling Podcast』の最新エピソードで、噂のロンダ・ラウジーやフォーホース・ウィメンの抗争について語りました。

スポンサーリンク

WWEが公表した動画では、メイ・ヤング・クラシックでシェイナ・ベイズラーが試合を行った後、アリーナの外でフォーホース・ウィメン同士が向かい合っていました。

ここにサーシャ・バンクスは参加していませんでしたが、もし4対4の抗争になれば、彼女の参加も確実だと思われます。最近噂されているフォーホース・ウィメン同士の対戦については次のように語っています。

「よく聞く話ですね。素晴らしいですが、私たちはフォーホース・ウィメンであり、彼女たちはただのファンです。もし彼女たちが私たちと戦いたいのであれば、みんな他の選手と同じように列の後ろに並び、契約をして、WWEパフォーマンスセンターでトレーニングをして、NXTから初めて欲しいですね」

さらにWWEへの参戦に興味を持っているとされているロンダ・ラウジーについては、「彼女は素晴らしいアスリートであり、MMAを変えました。でもプロレスでは私のレベルにはないでしょうね」と語りました。

また彼女は、レッスルマニアでのドリームマッチについては次のように語っています。

「私はフォーホース・ウィメンで4WAYマッチを行いたいですね。もちろん、ベイリー。彼女とは定期的に試合をするけど、タイムリミットはありません。それは問題ではないですね。私は何とか彼女に勝たなければならないのです」

サーシャ・バンクスはノーマーシィPPVで、RAW女子チャンピオンシップの4WAYマッチが決定しています。そこでアレクサ・ブリス、ナイア・ジャックス、エマと対戦予定です。

(sportskeeda)

スポンサーリンク