WWEが再び事前収録にスケジュールを変更した?


先日WWEはRAW、Smack Down、NXTを従来のライブ放送に戻すことを発表しました。

スポンサーリンク

しかし『Pro Wrestling Sheet』によると、WWEは選手やスタッフの安全性を確保するために、テレビ番組の撮影スケジュールを変更することになったようです。

それによると、今週のSmack Down、来週のRAW、NXTは予定通りライブ放送されることになります。そして来週のSmack Downも同様です。

しかしその後は以下のスケジュールで事前収録されることになるようです。

4月25日(土):Smack Down(5月1日と8日に放送予定分)
4月27日(月):RAW(当日分と5月4日放送予定分)
5月11日(月):RAW(当日分)とSmack Down(5月15日放送予定分)
5月12日(火):RAW(5月18日放送予定分)とSmack Down(5月22日放送予定分)
5月25日(月):RAW(当日分と6月1日放送予定分)
5月26日(火):Smack Down(5月29日と6月5日放送予定分)
6月8日(月):RAW(当日分)とSmack Down(6月12日放送予定分)
6月15日(月):RAW(当日分)とSmack Down(6月19日放送予定分)
6月16日(火):RAW(6月22日放送予定分)とSmack Down(6月26日放送予定分)
6月29日(月):RAW(当日分と7月6日放送予定分)
6月30日(火):Smack Down(7月3日と10日放送予定分)

1日に2エピソードずつ撮影する方が、選手やスタッフにとって効率が良くなるので負担が減ることになります。

このスケジュールを見る限り、パフォーマンスセンターでの事前収録による放送が少なくとも夏ごろまでは続くことになるのかもしれません。

なお『PWInsider』によると、マネー・イン・ザ・バンクは現時点でライブ放送を予定しているということです。

スポンサーリンク