AJスタイルズがロイヤルランブルについて語る


AJスタイルズは2016年のロイヤルランブルでWWEデビューを果たしましたが、その後はタイトルマッチが組まれていたため、ロイヤルランブルマッチに出場することはありませんでした。

スポンサーリンク

しかし2020年はデビュー戦以来となるロイヤルランブルマッチに出場することになります。

AJスタイルズは最近『Yahoo Sports』のインタビューに答え、ロイヤルランブルマッチへの出場について語りました。

「WWEのキャリアで1回しか出場したことがないから、私たちがこうして話している今でも興奮しているよ。ペイパービューの名声の高さから、再び参加できるのはクールだと思うね。レッスルマニアが最も大きなイベントなのは知っているけど、2番目に大きいのは何だろうか?わからないが、ロイヤルランブルを2番目だと思う人が増えていることがわかるよ。すごいことだね」

またAJスタイルズは、デビュー戦となった2016年のロイヤルランブルでのことを思い出して次のように語っています。

「それはWWEで最も大きなペイパービューの一つであるだけでなく、私にとって契約して初めての仕事だった。世界で最も大きな会社ですぐに働くことになったんだ。少し緊張したかって?うん、そうだね。誰がAJスタイルズのことを覚えていただろうか?私はオーランドの小さなところで働いていたし、日本に多くいた。何をすべきかわからなかったから少し緊張したよ」

「本当に輝くための機会を与えてくれたね。ロイヤルランブルで登場したときにはリング上に1人しかいなかった。3番目に登場して、注目が自分に集まったんだ。ファンは誰のテーマ曲が流れているのかわからなかったが、それが誰であるかわかったとき、みんなAJスタイルズがWWEに来ることを知らなかったからよりエキサイティングだったね」

「最高だったよ。リングに足を踏み入れると、それまでの不安や緊張もはやなくなっていたんだ。通路を歩いていたときにはまだ感じていたんだけどね」

スポンサーリンク