ケビン・オーエンズがNXTテイクオーバーに出場した理由を語る

先週末に開催されたNXTテイクオーバー:ウォー・ゲームズでは、チームチャンパに当日サプライズでケビン・オーエンズが加わりました。

スポンサーリンク

オーエンズはコーリー・グレイブスのポッドキャスト『After The Bell』に出演して、なぜテイクオーバーに出演することになったのかを語りました。

それによると、オーエンズは欠場が発表されたジョニー・ガルガノの代わりだったようで、最終的にトリプルHが決断したようです。

オーエンズは次のように語っています。

「NXTの誰かがケガをしたり、何らかの理由でショーに出演することができなかったりするのをここ数年間はコンスタントに耳にしていて、ストーリーラインであるかどうかにかかわらず、私はトリプルHにいつもメールで、“誰かが必要なら私はここにいるから”と送っていたんだ。私たちはいつもちょっとした内輪ネタを話しているんだが、ガルガノがテイクオーバーから外れると聞いたときにも同じことをしたんだ」

「私は彼にすぐメールを送ったんだ。“ジョニーが欠場するって聞いたよ。私ならいつでも出れるよ”ってね。そして今回の彼の答えが、“ああ、可能性はあるよ。それを模索しているんだ”って返ってきた。私もマジかって感じだったよ。そして彼は数週間前のヨーロッパツアー中に私に連絡してきて、そうなることを知らせてくれたんだ」

チームチャンパ4人目の選手は大きなサプライズとなりましたが、その情報が外に洩れなかったことにオーエンズは驚いたと語ります。

「私は1週間半ずっと黙っていたんだ。誰にも言わなかった。それが外に洩れなかったことは驚いたよ。なぜならその日は、そのことを秘密にしようと予防策を講じていなかったんだ。私はみんなと一緒にうろうろしていたし、そこにいたんだからね。言うなら、もう一人のNXT選手って感じだった」

「だから私が試合に出場しようとしていたことが何らかの形で洩れなかった事実には驚きだったよ。なぜなら私たちの業界については私にもよくわからないし、私たちが働く場所にいる誰しもがみんなに全てを伝えたいと思っているからね」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP