カール・アンダーソン、WWEについてのインタビュー(後編)


アンダーソンは、今回の会話でいくつか他のテーマに触れました。

ギャローズとは以前から一緒でしたが、初めてWWEに登場したとき、彼の経験はあなたを助けましたか?

「絶対に助けてくれたね。私たちが最初にWWEについた時、どちらも緊張していたが、私たちのことを多くの人が知っていることに気づいたんだ。思ったよりも多くの人が知っていた。彼は昔WWEにいたから、連絡を取らなくなった多くの古い友人がいた。彼のことを知っている人々が、私の友だちになったよ。ルーク・ギャローズを知っている人は、みんな彼のことが大好きだ。もしギャローズについて悪く言っている人がいたら、その人は敵だろうね。」

新日本では、特に中邑真輔と素晴らしいシングルマッチを行っていました。なぜタッグチームとして活動しているのですか?

「日本ではシングルマッチを行う機会があった。私は上手くやっていたと思うし、一人でも戦えることを証明した。私たちがどんな形であってもトップにいたいが、今はギャローズと私がタッグチームになることが最良だ。私はシングルマッチが好きだし、大きなチャンスのシングルマッチのチャンスが来たら、私はそれを選んでステップアップするだろう。しかし私はギャローズと一緒に仕事をするのが大好きで、タッグチームも大好きだ。私はフォー・ホースメン、ロックンロール・エクスプレス、ミッドナイト・エクスプレスを見て育ち、それを楽しんだからね」

最初のレッスルマニアで、Rawタッグチームチャンピオンとして参戦しました。あなたが入場のときに、大きな観客を見回すチャンスがありましたか?

「私たちが入場する前にギャローズに言ったんだ。これはレスラーが憧れて探し求める場所だから観客を見ようってね。頭の中に思い出の写真として残したよ。観客の全てを見た。入場を歩いて、風が吹いているのを感じることができて、全ての観客を見て、私たちのテーマ曲を聞いた。それは本当にクールな経験だったね」

全ての噂であっても、誰もハーディ・ボーイズがレッスルマニアに戻ってきたことを知りませんでした。あなたはいつ知りましたか?

「私たちは試合をする数時間前に見つけたよ。噂は数週間前に飛んでいたから、何らかの期待は持っていたね。その日は、彼らが来るという言葉を聞いたとき、みんなとても満足していたよ」

「ジェフとマットは、WWEタッグチーム部門の発展に貢献してくれた。レッスルマニアで行われたラダータッグチームの試合は、注目の試合になったね。ハーディ・ボーイズと一緒にレッスルマニアで試合をすることは、それ自体で名誉なことだった。私はそうすることができてうれしいよ」

(情報:USA Today)

スポンサーリンク