サモア・ジョーがアンブローズの退団について語る


Smack Downスーパースターのサモア・ジョーは、エリミネーション・チェンバーのプロモーションのために『The News Tribune』のインタビューに出演し、様々な話題について語りました。

スポンサーリンク

以下はそのハイライトです。

ディーン・アンブローズが4月の契約満了で退団することを発表したことについて:

「ディーンは素晴らしいパフォーマーであり、それは疑いようがないことだ。ただ私が思うに、それは漠然として具体性がないと言っているようなものなんじゃないかな。彼の退団に関しては、彼は自分がしたいようにやるタイプのヤツなんだと思う。そして彼はある時点で自分がやっていることに興味がなくなれば、他のことを追いかけることに何の抵抗もないのだろう。もしそうだとすればクールなことだし、彼の健闘を祈るよ。私が思うにWWEスーパースターになりたいと望んでいる人が非常に多いため、時に自分が成し遂げたい他の目標があっても忘れてしまうんだ。私はディーンが目標志向型の人間なんだと思う。そして彼は心の中で目標を掲げたら達成しようとするんだ。彼がいなくなるのは残念だね」

最近ベッキー・リンチがWWEで活躍していることについて:

「ここ最近のベッキー・リンチと数年前のベッキー・リンチの違いは、ようやく彼女は自分を信じようと決断したことだね。彼女は自分の信念や能力を別にすれば、以前もある程度はそうだった。彼女にはいつも素晴らしいことができる能力があったし、今は彼女が待ち望んでいたよりも良い波に乗れているね。テレビ番組でもロッカールームでも彼女に注目している。つまり世界中が注目しているということだ」

(The News Tribune)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧