ボビー・ルード「TNA時代は情熱を失っていた」


元NXTチャンピオンであるボビー・ルードは、最近Smack Down Liveでデビューを果たしました。彼は『PeterBorough Examiner』で様々な話題について語っています。以下はそのハイライトです。

スポンサーリンク

彼はTNAにいたころは、意外にも情熱を失っていたと述べました。

「正直言って私がTNAにいた頃は、私はもう何かをする気力はなかったし、情熱も持っていなかったんだ。私はそれまでいつもこの仕事を愛していたし、常に情熱を持っていたから、私にとっては未知の領域だったよ。目を覚ましたときから寝る時までずっと考えていた。私はもうこれ以上何もできなかったんだ」

「友人のサモア・ジョーがNXTで成功したことは、私にとってとても興味深いものだったね。正直なところ、私は自分の人生で何か他のことをしたくなかった。でもこの仕事では、まだこれからもできる年齢であることはわかっていたんだ。だから私は本当にWWEに加入するチャンスが欲しいと思っていた。そんなとき私はNXTからオファーを受けたから、与えられたチャンスにとても興奮していたよ」

「これまでのWWEのキャリアの中では、NXTテイクオーバー:トロントの入場が楽しかったね。それは私の好きなものの一つである合唱団だった。合唱団が84人いて、ステージの下からちょうど上がってきたんだ。私の故郷であるカナダのエア・カナダ・センターだったこともあるけど、おそらく私の最も記憶に残る入場だったね」

そのときの入場シーンは以下で見ることができます。

(prowrestling.com)

スポンサーリンク