フィン・ベイラーは当初デーモンのことでアンダーソンに相談していた

WWEスーパースターのフィン・ベイラーは、『Al Arabiya』での最近のインタビューで、彼が試合で使用しているデーモンによるキャラクターの当初の計画について語りました。

スポンサーリンク

デーモンを行う前の当初の計画では、ファンがそのキャラクターを嫌い、人々を恐れさせることが目的だったことをベイラーは明かしています。

「デーモンのキャラクターは、人々が私をもっと嫌い、私を恐れてさせるように計画されていたんだ。でも実際にはそうならなかったけどね。それは私にとってはまだ学習段階だよ」

彼の思惑とは異なり、実際にはほとんどのファンが彼のデーモンのキャラクターを好むようになりました。

さらにベイラーはデーモンを始める前に、新日本プロレス時代から一緒にいるカール・アンダーソンに意見を求めたと述べました。

「正直なところ、デーモンを初めてやろうとしたとき、それはデーモンとは呼ばれていなかったんだ。私はただボディペイントを使いたいと思っていたからね」

「私が初めてデーモンをやろうとしたとき、親友のカール・アンダーソンに私がこのことをやろうとしていると言ったんだ。私は自分のやることを彼に説明したら、彼は、“それはやってはいけない、笑われることになるよ”って言われたよ」

カール・アンダーソンはデーモンのキャラクターをやめたほうがいいと言いましたが、その予想に反して今では大人気のキャラクターとなっています。

フィン・ベイラーは現在ブレイ・ワイアットと抗争をしています。そして9月24日のノーマーシィPPVで対戦する予定です。

(sportskeeda)

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP