WWEのスクリプトに変化が起こっている?

ビンス・マクマホンが引退したことで、現在のクリエイティブ部門の責任者にトリプルHが就任していますが、それによってWWE内でも変化が起こっているようです。

『PWInsider』によると、最近起こった主な変化の一つに選手に対しての制限が緩められていると伝えています。

選手は事前にスクリプトを確認してセグメントや試合を行っていますが、以前と比べてより自由が与えられるようになって、多くのアドリブを行うことができるようになったということです。

前回のSmack Downで行われたシェイマス対ドリュー・マッキンタイアが好評だった理由として、リング上で選手たちに任されていた部分が大きかったとしています。

マクマホン時代はスクリプトが細かく決められていて一部選手は不満を示していたこともありましたが、トリプルHになってからすでに内部でも様々な変化が加えられているようです。

スポンサーリンク

 

 

関連記事

TOP