ビンス・マクマホンが不倫した元従業員に金銭を支払う?

WWEのCEOであるビンス・マクマホンは、300万ドル(約4億円)を元従業員に支払ったとして調査されているようです。

スポンサーリンク

『The Wall Street Journal』によると、WWEの取締役会は、ビンス・マクマホンが退社した女性従業員に対して300万ドルを支払ったことについて調査していると伝えています。

マクマホンはこの元従業員に対して和解金として300万ドルを渡すことに合意したとしています。

さらに取締役会や関係者の調査によって示された文書によると、マクマホンと元従業員は不倫関係だったとする疑惑もあるようです。

2019年にパラリーガル(法律業務の補助役)として採用された元従業員は2022年1月の離職契約で、マクマホンとの関係の詳細について話すことを禁じられていたということです。

この調査は4月に始まり、他の元WWE女性従業員にもマクマホンやジョン・ロウリネイティスとの関係を明かすことができないとする秘密保持契約があるとしています。

今回『The Wall Street Journal』は、元従業員の友人とする人物からのメールによって300万ドルの契約を知ったとしており、メールにはマクマホンがこの女性と性的関係を持った後に給料を10万ドルから20万ドルに増やし、マクマホンはロウリネイティスにおもちゃのようにあげたと書かれていたようです。

そして調査の結果、マクマホンは元従業員への支払いに個人資金を使っていたことが判明しており、ロウリネイティスに関する和解金の支払いもマクマホンが個人資金を使ったようです。

マクマホンの弁護士によると、WWEは元従業員にいかなる金銭も支払っていないということで、マクマホンが個人資金を使用したとする調査報告と一致しているとしています。

なお今回の調査は取締役会メンバーであり、元ソニー・ホーム・エンターテインメント役員だったマン・ジット・シンが主導しているということです。

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP