中邑真輔の負傷退場 追加情報

今週のSmack Downではウーソズ対リドル&中邑真輔のタッグタイトル戦が行われました。

この試合中に中邑がリング外でキンシャサを狙ったものの、ジェイが避けたことから膝を鉄階段にぶつけることになりました。

さらに膝を痛がる中邑をジミーが後ろから膝を踏みつけたことで、中邑はレフェリーやトレーナーに抱えられて退場することになりました。

『RIngsideNews』によると、中邑は実際に負傷しておらず、全てアングルだったと伝えています。

中邑の負傷退場は試合とストーリーの一部として行われる予定だったということです。

なお、一人になったリドルはウーソズと戦ったものの、途中にサミ・ゼインがローマン・レインズのテーマ曲を流したことで気を取られ、最終的に敗れてタイトル獲得はなりませんでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP