なぜ出場しないレスナーはPPVに宣伝されていたのか

レッスルマニア38ではローマン・レインズとブロック・レスナーがタイトル統一戦を戦い、レインズが勝利しました。

レスナーはレッスルマニアが開催される前、5月のレッスルマニア・バックラッシュにも宣伝されていたため、継続して参戦することが予想されていました。

ところがタイトル統一戦に敗れたレスナーは登場することなく、レッスルマニア・バックラッシュにも出場することはありませんでした。

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、レスナーは宣伝されていたものの当初からレッスルマニア・バックラッシュには出場する予定はなかったと伝えています。

そのためWWEは偽って宣伝していたことになります。

WWEがわざわざ虚偽の広告を出した理由については、レッスルマニア38でレスナーが負けることを世間に知られないようにするためだったということです。

レスナーがレッスルマニア後に出場しないとなれば、タイトル統一戦に勝てないというヒントを与えてしまうことになります。

レスナーは今後マネー・イン・ザ・バンクやサマースラムで宣伝されているものの、いつテレビに復帰するのかが注目されます。

スポンサーリンク

 

関連記事

7月1日Smack Down

6月27日 Raw

TOP