ベッキー・リンチがAEWの女性部門についてコメント


WWEスーパースターのベッキー・リンチは『Featured Cut Of The Day』のインタビューで様々な話題について語りました。

スポンサーリンク

近年WWEの女性ディビジョンは大きな成長を果たしていますが、その原動力としてトリプルHの存在が大きかったと明らかにしています。

「まず最初にトリプルHは、私たちを男たちと別で扱うことはなかったね。NXTでは常に素晴らしいストーリーを表現する機会があった。そこから成長していったんだ。私たちが男たちと一緒にショーを成功させることができることを証明できたと思うよ。違いはないはずだということを人々に示すだけだった。私がメインイベントにはいない理由はないはずだよ。それに私たちにストーリーがない、時間が取れないということもないはずだ。過去数年間やってきたものとは別の方法で観客を楽しませることになったんだ」

またベッキー・リンチはAEWの女性ディビジョンについて聞かれ、WWEと比べてレベルが異なっていると語っています。

「競争があればいいのだが、残念ながら私たちのような表現ができないのだと思う。彼らは私たちほど多くの時間を割いていないし、率直に言って私たちほど優秀ではない。RAWには世界最高の女性ディビジョンがある。ためらわずに世界最高の女性ディビジョンがあると言えるよ。競争があったり、別の場所があったりするのは素晴らしいことで、向こうにはルビー・ソーホーというとても仲の良い友人がいる。いつか彼女がチャンピオンになるのを見たいね。彼女に相応しいスポットライトを浴びる姿を見たいものだ。競争は常に素晴らしいが、こっちにいる私たちは今別のレベルにいるんだよ」

スポンサーリンク