ケビン・オーエンズがWWEで対戦したい有名人を語る


WWEスーパースターのケビン・オーエンズは、コーリー・グレイブスのポッドキャスト『WWE After the Bell』に出演しました。

スポンサーリンク

レッスルマニア38ではサミ・ゼインがジョニー・ノックスビルと対戦しています。

スタジアムで観戦していたオーエンズは、この試合が上手くいったことを喜んでいると語りました。

「スタジアムの一番上にあるボックスシートから、セスやベッキーと一緒に見ていたよ。リタやトリッシュなど他の人たちもいて、みんなで見ていたけどすごくよかったね。この試合だけは子供たちがいたから、みんな話をやめて注目したんだけど、信じられないほど素晴らしかったよ。ありきたりに聞こえるかもしれないけど、ウィーマンがリング下から出てきて、サミを殴り始めたときの反応は感動的だった。とても良かったし、みんな喜んでくれたし、そのために彼がどれだけ頑張ってきたかも知っている。彼はショーに出て良いものにするために戦わなければならなかった。ジョニー・ノックスビルやウィーマンたちはみんなすごいけどレスラーじゃない。それを実現するためにあんなに頑張っていたのに、ウィーマンにボディスラムされるなんてどうしてそうなったんだんだろうね」

またオーエンズはWWEのリングで対戦したい有名人の名前を挙げています。

「外から来た人がイケてれば、俺はいつだってそれを歓迎してきた。中にはイケてないヤツもいて、俺としてはそういうヤツは元いた場所に帰ってくれればいい。そんなヤツは必要ないからね。レッスルマニアの前にインタビューを受けたとき、みんなは週末にサミがやるような有名人と試合をするなら誰を選ぶかと聞いてきた。俺の好きな俳優で、偶然なのだが数年前にマシュー・マコノヒーがショーにやって来てバックステージにいたんだ。彼と話すために行列が出来ていたから、彼に会うことができなかったよ。それからまもなくして、彼はWWEで何かやりたいと話していたのを覚えている。彼のことを全然知らないけど、俺にはちゃんとやって盛り上げてくれるような人に見えるんだ。そのような人たちなら、我々の業界ではいつでも歓迎されているよ」

スポンサーリンク