ダニエル・ブライアンが脳震盪と引退の詳細を明かす

『Edge & Christian’s Pod Of Awesomeness』の最新エピソードでダニエル・ブライアンがゲストとして登場し、自身の脳震盪での引退について詳細を語りました。

スポンサーリンク

この話は、ブライアンがWWE以外の医師によって、すでに問題ないとされている事実から始まります。

WWEはブライアンに特別な医師を送りました。しかしこれはWWEの要求を満たさないという結果になったため、ブライアンはサードオピニオンまで聞くことにしました。彼はUCLAで脳震盪の専門家の助けを借りて、いくつかのテストを受けました。

それによりブライアンはもう一度復帰に関して問題ないとされました。しかし彼の引退の時期は近づいていました。

彼は医師によるワイヤーを頭につける検査を受けなければなりませんでした。これはインパクトと反射テストのためのものです。しかしこれにより、彼の脳の特定の領域に、損傷があると言われました。さらにその後、引退する必要があると言われたのです。

これはビンスが彼の引退スピーチのために、シアトルで開催するRAWに来るように彼に言ったときでした。

彼は引退スピーチをしたくはありませんでしたが、自身の故郷であるシアトルの観客に話すことを決意し、彼は再びリング復帰のチャンスを得ることはありませんでした。

全ての話題が消えた後、彼に引退を決意させた医師の一人から電話を受けました。彼はブライアンの脳に損傷があることを伝えた医師です。

そして医師は医学用語での脳への損傷は、通常の意味するものとは異なるものであると彼に伝えます。ブライアンは脳に切れ目があることを意味していると思ったのですが、医師は医学用語では非常にあいまいな言葉であると言います。

それは何かがあることを意味するものの、必ずしも切れ目やそれに類するものではありません。

医師は脳に損傷があるとの報告書を見ており、実際にブライアンの脳反射が予想よりも遅かったことから、損傷であると書いたのです。

確かにMMAファイターやフットボール選手が行うテストと比較すると、遅い反射だったことは間違いありません。しかし一般の人々と比較すると、そこまで遅い反射ではありませんでした。

ブライアンはしばらくリングから遠ざかっており、リフレッシュ期間があったことから一般の人々に近づいた可能性もあり、高いレベルのスポーツ選手と同じだけのレベルは期待できません。

医師は過去の脳反射に関する情報を持っていたかったことから、比較することができませんでした。ブライアンはスポーツマンではなく、パフォーマーであるため、他のアスリートよりも遅いことが予想されます。

ジョー・ネイマス研究所では、脳震盪にもかかわらず脳の損傷の危険性はないと言われました。彼らはまた、ブライアンがリングから離れていた時間のせいで、彼の脳は一般人と同じであるように見えるかもしれないと述べました。

ブライアンはポッドキャストで、自身にとってのキャリアの大事な期間が無駄になったと悲しんでいると語りました。そして実際に危険にさらされるような問題を発見した場合、リングには上がらないとも語っています。

しかしブライアンはWWEのしたことに対して責任を追及することはせず、彼らにとってベストなことをしただけなんだとも語っていました。

(sportskeeda)

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP