ハーパー死去に対してエリック・ローワンがコメント


元WWEスーパースターのルーク・ハーパーであり、現在はAEWでブロディ・リーとして活躍していたジョン・フーバー氏が12月26日に41歳で死去しました。

ハーパーは2012年から2019年までWWEに在籍しており、ワイアットファミリーやブラジオン・ブラザーズの一員として活躍していました。

ワイアットファミリー、ブラジオン・ブラザーズでパートナーとして一緒だったエリック・ローワンは、Instagramでコメントを発表しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joseph Ruud(@erickredbeard)がシェアした投稿

「悲痛で何も感じない。目が乾いたと思ったら、君のことを思い出してまた泣き出してしまったよ。友人だけでなくブラザーをも亡くしてしまった。昨夜は様々な感情や思い出と戦っていたんだ。ジョンは物凄く大切な存在だった。一緒に巡業に出ていた頃のことをはっきりと覚えているよ。彼はいつも家族の元へ帰るのを楽しみにしていた。一回り終えるたびに私に対して『永遠にさようなら (Goodbye Forever)』と言っていたね。なぜなら家族との1日、2日を永遠のものに感じたいと思っていたからだ。彼が自分の行動を通して教えてくれたことの一つに、良き父親であり良き夫になることがあった。彼は全てにおいて素晴らしいパフォーマーであり、父親であり、夫であり、友人であり、素晴らしい人間だった。彼の偉大さに感動した人たちのことを想うと心が痛むよ。彼の家族には心からお悔やみ申し上げます。ジョン、これは永遠の別れ (Goodbye Forever)じゃなく今だけの別れだ。ブラザーよ、あの世で会おう」

またWWE CEOのビンス・マクマホンもTwitterでコメントを発表しています。

「WWEファミリー全員がルーク・ハーパーとしてWWEユニバースに知られているジョン・フーバー氏が亡くなったことに深く悲しんでいる。ジョンの家族、友人、ファンにはお悔やみ申し上げます」

スポンサーリンク