トロピカーナ・フィールド UP DATE


WWEは12月11日のSmack Downから、RAW、Smack Down、ペイパービューの全てのショーをトロピカーナ・フィールドで行うことを発表しました。

スポンサーリンク

これまでのアムウェイセンターと異なり、ドーム型のスタジアムで42,000人ほどを収容できる大きさであることから、WWEが将来的に観客を入れる可能性についての憶測もありました。

しかしレスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、WWEは現在観客を入れる計画はないと伝えています。無観客でのサンダードームは今後も続くことになりそうです。

またメルツァーは、トロピカーナ・フィールドが少なくとも3月頃までWWEの本拠地となることが予想されていると言及しています。

このスタジアムを本拠地とするMLBのタンパベイ・レイズが3月30日まで予定がないことから、それまで使用し続ける可能性があるということです。

そしてレッスルマニア37はフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで行われる予定であり、ロイヤルランブルはトロピカーナ・フィールドで開催される予定となっているようです。

なおアムウェイセンター最後のショーは12月4日のSmack Downになると予想されており、12月7日のRAWはキャピトル・レスリング・センターで行われる可能性が高く、その後11日にトロピカーナ・フィールドに移動することになるということです。

スポンサーリンク