アリスター・ブラックがキャラクターについて語る


アリスター・ブラックは『Sports Illustrated』のインタビューで様々な話題について語りました。

スポンサーリンク

最近ではこれまで使用してきた入場曲を新しいものに変更しましたが、ブラックはその入場曲に満足しているかについて聞かれ、次のように語っています。

「入場はまだ完成していないよ。新しい入場は行われることになるだろうが、全てを準備するには時間がかかるんだ。新しい入場曲を出したことについては待ってもよかったかもしれないが、そうはできなかった。でもまだ完成はしていない。新しい入場のお披露目はまだこれからだよ」

「まずはこのキャラクターを確立したいね。入場や美学を作ることでこのキャラクターを最大限理解してもらいたいんだ。私のキャラクターは常に反応があるようにデザインされている。このキャラクターをWWEユニバースには重要な存在として理解してもらい、最終的にはタイトルマッチまで持っていきたいね」

またブラックは、ここ数ヵ月間でキャラクターがどのように変化したのかについて言及しました。以前までは戦う動機がはっきりしていなかったものの、その部分が改善されたと語っています。

「(メインロスターでのアリスター・ブラックは)NXTの頃からあまりにもかけ離れてしまったから、みんなが実際のキャラは何なのかと混乱し始めたんだと思う。何回か話し合って、私が別の方向性が必要だと伝えたんだ。それが今回の新しいアリスター・ブラックの創造につながったんだが、少し人間的になったから、みんなはより早く理解できるだろう。人間的であることは必ずしも良いヤツである必要はない。悪役であればそのキャラクターになった動機まで理解できる。その動機に賛成する必要はないが、メインロスターのアリスター・ブラックにとっては動機が失われていたんだ。以前はその動機がはっきりしていなかった。数ヵ月前は何のために戦っていたのか?自分のために戦っていたし、レイ・ミステリオに巻き込まれて、毎週ひどい攻撃を受けていた。非常に計算高く見えるから、アリスターにとっては不思議なことだが、過ちから何も学ばなかったように見えていたんだ。それが少し改善されたんだよ」

スポンサーリンク