WWEからリリースされた選手がまもなくフリーになる


今年4月には新型コロナウイルスによる財政面の影響からWWEはコスト削減を迫られ、多くの選手やスタッフに対してリリースすることになりました。

しかしWWEをリリースされた選手は90日間の競業避止義務があるため、すぐに他のプロモーションに出場することができません。

そして7月15日にはようやく90日間の競業避止義務が終わることから、選手たちは正式にフリーエージェントとなります。

まもなくフリーとなるのは以下の選手たちです。

ルセフ、EC3、カート・アングル、マイク&マリア・ケネリス、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン、リオ・ラッシュ、エイデン・イングリッシュ、エリック・ローワン、ヒース・スレーター、ザック・ライダー、カート・ホーキンス、エリック・ヤングなど

そして彼らのうちの何人かはAEWやインパクトレスリングに登場するものと予想されており、ルーク・ギャローズとカール・アンダーソンはすでにインパクトレスリングと契約していると報じられています。

スポンサーリンク