リア・リプリーがタイトルを失った理由の噂について言及


NXTスーパースターのリア・リプリーは、レッスルマニア36でシャーロット・フレアーと対戦して敗れたことでNXT女子タイトルを失うことになりました。

スポンサーリンク

その後、リプリーがタイトルを失った理由の一つとして、ビザの問題があったために一時的にオーストラリアへ帰らなければいけなかったからだと報じられました。

リプリーはNXTテイクオーバーのプロモーションとして『UK Metro』のインタビューに答え、この噂について言及しました。リプリーはこの噂を否定しています。

「確かにビザの問題に対処しなければいけなかった。でも今は飛行機が飛んでいないから、ここでビザを更新しなければならないんだ。オーストラリアへ行くことができないし、もし現地にいたとしても出国することができないよ。職場のみんなからは『今オーストラリアにいるのか?』って連絡がきたわ。『そんなわけない!私はバカじゃない!』って感じだったね」

「あんまり気にしていないよ。でもソーシャルメディアはときに非常にネガティブになることもある。もし今ほど精神的に強くなかったときにこのようなことが起こっていたら、全く違う方法で物事を捉えていただろうし、状況はそれほど良くなかったでしょう。オーストラリアに帰らなければいけなかったから負けたと言っている人たちを見るのは、とても滑稽なことだね」

スポンサーリンク