ロンダ・ラウジーがWWE復帰についてコメント

レッスルマニア35のメインイベントでベッキー・リンチ、シャーロット・フレアーと対戦したロンダ・ラウジーでしたが、その後WWEには一切登場していません。

スポンサーリンク

現在では家族との時間を優先しているラウジーですが、『People.com』のインタビューで、試合復帰について尋ねられました。

そこでラウジーは次のように語っています。

「そうするためには別の方法もあることを理解する必要があると思っています。家族よりもキャリアを選んだり、もしくはキャリアよりも家族を選んだりする必要がなく、その間で妥協点を見つけることができます。今のところは家族に専念する必要があると思います。私は喜んで家族に時間を費やしているけど、両方中途半端にならないように、家族とWWEの両方に捧げるための自分にとってベストな何らかの方法を見つけようとしているところです」

ラウジーはまた、自分がいない状況でも女性ディビジョンは素晴らしいことを成し遂げているとし、自分が必要だとは感じないとも語っています。

「今彼女たちはすごいことをしているのだから、私がそんなに必要だとは思っていません。彼女たちは上手くやって成功していると思うし、彼女たちが何をやっていることに注目を集めて欲しいと本当に思っています。彼女たちは今私と一緒になって一段と良くなって、さらに私がいなくても歩みを止めていない。だから彼女たちのやっていることがもっと増えればいいのにって思っています。私が邪魔をしたり、彼女たちがやっていることの価値を落としたり、私よりも価値のある有望な選手からスポットライトを奪いたくはありません」

スポンサーリンク

 

関連記事

8月1日 Raw

7月29日Smack Down

TOP