ランディ・オートンのインタビュー


WWEチャンピオンのランディ・オートンが、WWEデビューを果たしてから15年目を迎えた火曜日、Smack Down Liveに登場し、勝利しました。オートンはWWEのウェブサイトで、自身のキャリアについて語りました。以下はそのハイライトです。

15年のベテランですが、どのようなお気持ちですか?

どんな感じか?時間はあっという間に過ぎたように感じるね、正直なところ。WWEに長く居続けているが、若いときに一番長く過ごしたよ。ある日突然、ひげを持つファンが私に言っているんだ。私が子供のころ、あなたを見ていたってね。だからこれだけの年数になるから、私は何が起こったのか覚えていないよ。その男性、少しは私がしたこと覚えているのかな?」

あなたはレジェンドキラーでした。何年も前から自分自身を再考することは難しいですか?

「実際には、私はいつも同じ男のようだった。私がレジェンドキラー、バイパー、エイペックスプレデターのいずれであったとしても、何も変わっていないよ。私が10人の異なった人格を持っているスーパースターを見ると・・驚かされるね。これらの人は非常に才能がある人で、彼らはそのように行うことができる。私がそれをできるだろうか?わからないね。たぶんできないだろう。しかし私が実際に変えなければならなかったという事実は、私の人格がショーに出ていることの証です。あなたが嫌いであっても、好きであっても、私と一緒にいる意味がわかるよ」

あなたが達成したすべてのことで、何がキャリア最大の成果であると考えますか?

「正直一つに絞れないな。最も若いチャンピオン、確かサバイバーシリーズの試合で勝ち取ったと思うが。アルティメット・ウォーリアーと一緒だったり、ロイヤルランブルを2回勝ったこともある。マネーインザバンクでも勝利した。私はレッスルマニアのメインイベントに出場したこともあるね。レッスルマニア13で戦ったよ。ソウルでも戦ったし、ニュージーランドのオークランドでも戦った。一つには絞れないよ。たくさんのことがあったからね」

RKOはあなたのキャリアの中で、独自の人生を歩んでいます。RKOをする人として、これまでに一番お気に入りのRKOはいつですか?

「おそらくエヴァン・ボーンと言うだろうね。それはタイミングがいかに重要であるかを示すもので、特定のタイミングが、他のどのものよりも難しいように感じたよ。レッスルマニアのセスのも難しかった。ドルフやセザーロへのRKOもカッコ良かったし、カリストやCMパンクのも良かった。しかし最も難しいもの、完璧なヒットを与える危険なものは、エヴァン・ボーンのものだった。それが私のお気に入りだね」

(情報:wrestlinginc)

スポンサーリンク