ベッキー・リンチ「妊娠中は早く復帰したかった」


Smack Down女子チャンピオンのベッキー・リンチは『Out of Character』に出演しました。

スポンサーリンク

今年のサマースラムで復帰したものの、昨年のマネー・イン・ザ・バンクで妊娠を発表して以降、出産によって1年以上も欠場することになりました。

ベッキー・リンチは妊娠中ずっとリングから離れていたことが寂しかったと語っています。

「彼女(赤ちゃん)は私の心の支えだよ。彼女が生まれたことは自分にとって最高の出来事だった。ただ私は何もしないのを良しとする人間ではない。仕事をするのが好きだから、あんなに長い間リングから離れるのは辛かったね。だからいろいろなことに手を出してしまったんだ。本を書いたよ。第一章は書いたけど、それ以降はまだ書き上げていないけどね。後半部分は少しも書いていないんだけど、そういうことをしていたし、それが好きだったね」

「ドキュメンタリーの撮影もしていたよ。私とコルビー(セス・ロリンズ)で多くのことをやっていた。放送されるかどうかはわからないけどね。そうすることで少なくとも仕事や何かをしているという気持ちになれたんだ。でもリングが非常に恋しかったし、早く復帰したいと思っていた。少し助かったのは観客がいなかったことだね。観客は私たちの仕事において重要な部分を占めていて、パンデミックで観客がいない中で必死になって頑張っていたみんなには敬意を表したい。観客の反応が試合やパフォーマンスに影響を与えるから、彼らがいなければ大きな一部を失うことになる。私はそれから逃れてラッキーだったけど、赤ちゃんは素晴らしいね」

スポンサーリンク