WWEがタレントマネジメント部門をすぐに閉鎖した?


昨年ビンス・マクマホンは所属選手に対して、他のプラットフォームによる収益化をしないように通達を出しました。

その後は実名であればプラットフォームを利用することが可能となっているものの、中にはそれまで続けていたプラットフォームをやめる選手も出てきていました。

その後WWEは所属選手が出演する映画やスポンサーからより多くの収益を得るために、タレントマネジメント部門を立ち上げてスタッフを配置し始めていました。

それによって選手がWWE以外でも活動できるようにブッキングをサポートする予定でしたが、『PWInisder』によると、この部門を閉鎖するという決定が2~3週間前に行われたと明らかにしています。

この部門はわずか4~5週間しか存続していなかったとし、残念ながら上手くいかずに短命に終わってしまったようです。

スポンサーリンク