アレクサ・ブリスがブリーフケース獲得を語る

6月のマネー・イン・ザ・バンクでアレクサ・ブリスは、ラダーマッチに勝利してミス・マネー・イン・ザ・バンクとなった後、同じ日にキャッシュインを行い、RAW女子タイトルを獲得しました。

スポンサーリンク

アレクサ・ブリスはポッドキャスト『Cheap Seats』で、ブリーフケースを獲得したことについて語り、自身の功績リストに加わるほどの偉業であったと語っています。

「最初のタイトルを獲得したときが間違いなく私にとって一番でしたが、あのときはおそらく2番でしたね。1日に2回勝つというのは、これまでに私が実現していないことでした。だからあのときは絶対に一番にならなければいけなかった。私はブリーフケースに手を伸ばすことができるとは確信していなかったから、とてもナーバスになっていました。それが最大の懸念でしたね」

「私は高いところを恐れていませんが、もし私がそうだったら試合をすることができなかったでしょうね。あそこはとても高いのです。実はラダーに立っていると、12~14フィート(約3.6~4.2m)もあり、そこから見下ろせば地面からリングまでさらに3フィート(約90cm)あります。だからあそこはあなたが思っているよりも高いんですよ」

8月19日に開催されるサマースラムでアレクサ・ブリスは、ロンダ・ラウジーとのタイトル防衛戦が決定しています。

(wrestlinginc)

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP