カート・アングルのインタビュー「WWEを辞めたことを後悔した」


カート・アングルは、WWEファンのほとんどは、彼が最高潮の状態で戦っていたときの姿を見せられなかったことに後悔しています。オリンピックの金メダリストは、2006年にWWEを去りました。

殿堂入りの時のアメリカでのインタビューで、WWEでは素晴らしい戦いをしていたため、WWEにいた6年間が終わったときには、熟練したベテランになっていました。

アングルは、彼のプロレスキャリアの最高だったタイミングは、TNAであったことを強調し、彼のベストな戦いが、多くのWWEファンに見られることはありませんでした。

「私は後悔したんだよ。なぜならWWEを辞めた2006年は、自分自身でも最高潮のときだったからね」とアングルは言いました。

彼の夢の戦いについて尋ねられたとき、アングルはダニエル・ブライアンを相手にしたいと明らかにしました。残念ながら、アングルとブライアンの夢の試合は、2016年に重傷を負った後は激しい試合ができなくなったため、実現することはないでしょう。

ブライアンは現在Smack Down Liveのゼネラル・マネージャーであり、アングルはミック・フォーリーからRawのゼネラル・マネージャーに代わりました。

「ダニエル・ブライアン、私は彼のレスリング能力が大好きだ。彼は私が長い間見てきた中で、最高の選手の1人だね。私はAJスタイルズと戦ったこともあるが、WWEではなかった。レッスルマニアのメインイベントで、AJスタイルズと戦ってみたいね」と言いました。

アングルはまた、なぜ彼がWWEにいたときにファンが「You Suck」と叫んだのかを明らかにしました。その背後にある理由は、アングルが5年間ヒールだったからです。しかしながら、WWEにいた最後の年にベビーフェイスに転向したのですが、チャントは止まらなかったのです。

「私はファンに言ったんだ。私はベビーフェイスになったんだからチャントを辞めてほしいとね。しかし彼らは止まらず、より多くなったよ」

アングルはまた、ビンス・マクマホンも状況を変えようとしましたが、効果がなかったと指摘しました。最後に、彼はファンがそうしないようにするチャントを唱えましたが、それも助けにはならなかったと言います。それにもかかわらず、アングルは「ファンは敬意を表して、私の歌でクールに聞こえる」と今のチャントを気にしていません。

スポンサーリンク

 

関連記事一覧