マッキンタイア「マクマホンは常にオープンだ」


WWEスーパースターのドリュー・マッキンタイアは、『Newsday』のインタビューで様々な話題について言及しました。

WWEでは全てビンス・マクマホンに決定権があり、物事は常に変化する可能性があります。

マッキンタイアは何か思うことがあれば不満を口にするだけでなく、マクマホンに直接意見をするべきだと主張しました。

「自分が上手くいかないと思ったなら、彼自身(ビンス・マクマホン)から『お前はこれをやるんだ』と言われない限り、やらないだろうね。多くの人たちはクリエイティブライターと一緒に頑張るよりも、ロッカールームで密かに文句を言うだけなんだ。もしその人が会社にいないのなら、インタビューで自分らしくなかったと言うかもしれない。もし本当に強く思うのであれば、上司本人に直接相談することだ。多くの人たちはマクマホン氏のところに行くのをためらっている。でも結局のところ、彼があなたが働く会社の上司なんだ」

「昇進を希望するとき、自分の人生やキャリアについて重要な質問があるときはオフィスのマネージャーに会いに行くものだ。我々の世界では最終決定権がビンスにある。そして彼はとてもオープンだ。ドアはいつも開いている。いつでも耳を傾けてくれるよ。もし何か強く感じていることがあれば、彼は意見を聞きたいと思うだろう。なぜなら彼は最高のショーを作りたいと考えているからだ」

スポンサーリンク