ダミアン・プリーストがバッド・バニーについて語る

WWEスーパースターのダミアン・プリーストは、『SHAK Wrestling』のインタビューでバッド・バニーについて言及しました。

スポンサーリンク

昨年のレッスルマニア37ではプリーストとバニーがチームを組み、ザ・ミズ&ジョン・モリソンに勝利しています。

プリーストは当時を振り返り、ファンも選手たちも最初はバニーに対して冷ややかだったものの、やがて彼を受け入れるようになったと語りました。

「ファンもそうだが、我々はこの仕事に対して情熱的だから、外部の人を見ると不快感を示すものだ。その人に問題があるわけではなく、我々は自分のビジネスに情熱を持っていて、そのように扱われることが好きなんだ。だからバッド・バニーのような人がやって来ると、もちろんそういったことが起こる。でもその裏側を見ると、彼は我々の仲間だと思えるんだ。私たちが当時サンダードームのバックステージを歩いていたとき、ランディ・オートンが横切って立ち止まった。そして彼は、他にないような敬意を示してくれて感謝を伝えたいと言っていたよ。普通はこんなことしないんだ」

「私は自分のことじゃないけど、その場にいて、これまでで最もクールなことだと思ったよ。だってランディ・オートンがわざわざバッド・バニーにそう言ってくれたんだし、バッド・バニーもその大きさを控えめに表現している。彼はそのことにとても謙虚だった。非常にクールな出来事だったね。尊敬の念が伝わってくるよ。彼がそういう行動を取ったことで、みんなが彼を受け入れてくれた。違う世界からそういう人がやって来たことをみんなが喜んでくれたんだ。おそらくこれからやって来る他の人たちもこうなるんだろうなってね」

スポンサーリンク

 

関連記事

TOP