なぜサバイバーシリーズに金の卵が登場したのか?


11月21日に行われたサバイバーシリーズでは、ザ・ロックの25周年記念としてプロモーションされました。

スポンサーリンク

さらに番組中にはビンス・マクマホンが登場して、ザ・ロックが出演しているネットフリックスの映画『Red Notice』でも使用されたクレオパトラの1億ドルの金の卵も登場しました。

マクマホンはこの金の卵をザ・ロックから贈られたものだとしながらも盗まれてしまったことから、アダム・ピアースに調査を命じ、今週のRAWでは両ブランドのスーパースターが参加する予定です。

『PWInsider』によると、この金の卵のストーリーは今週のRAWで終わる予定だと伝えています。

さらにこのストーリーがサバイバーシリーズに加わったのは、ネットフリックスが宣伝のためにWWEへ広告料を支払ったことから行われることになったということです。

そのためサバイバーシリーズではRAWを放送しているNBCユニバーサル、Smack Downを放送しているFOX以外にも、ネットフリックスの重役もいたとしています。

またWWEはこのストーリーラインを先週木曜日に決定したようで、Smack Downの選手たちは金曜日に収録に参加するまでRAWへ向かうことの変更を知らなかったということです。

スポンサーリンク