ビアンカ・ブレア「サーシャとはもう終わりよ」


今週のSmack Downではビアンカ・ブレアとサーシャ・バンクスが、サマースラムで行われるタイトル戦に向けて契約調印式を行いました。

スポンサーリンク

しかしビアンカ・ブレアが契約を終えた後、サーシャ・バンクスはカーメラとゼリーナ・ベガの協力を得て攻撃を開始しました。

最後はサーシャがブレアの三つ編みを利用してバンクステートメントを決めました。

トーキング・スマックに出演したブレアは調印式で起こったことについて怒りを示しています。

「こんなことになるとは思ってもみなかったわ。私とサーシャはレッスルマニアで歴史を作ったのよ。これまで素晴らしい瞬間を過ごしてきた。ESPYも受賞した。サーシャにチャンスをあげようとしたのよ。喜んで彼女に再戦させてあげたかったけど、彼女はこうするしかなかったのよ。もう全てが終わりよ。サーシャとの駆け引きはもうおしまい。私が自分のことをESTと名乗っているのは理由があって、来週サマースラムで彼女と会ったときにそれがわかるでしょうね。みんなはサーシャのことをレジェンドになると話したがっている。それなら私がサマースラムで彼女を引退させて、その夜にレジェンドにさせてあげるわ。サーシャとはこれでもう終わりよ」

スポンサーリンク