ダミアン・プリーストの試合が長かった理由


今週のRAWではバッド・バニーとともに登場したダミアン・プリーストがイライアスと対戦しました。

この試合はプリーストが勝利したものの、試合は約15分間にわたって行われることになりました。

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーは、プリースト対イライアスの試合が長く行われた理由について言及しています。

それによると、プリーストのセコンドとしていたバッド・バニーがヒスパニック系のファン層を抱えており、長くテレビに登場することで視聴者数が増えることをWWEは望んでいるからだということです。

最近ではバッド・バニーが24/7タイトルを獲得しましたが、それもより注目を集めるために行われたことだったのかもしれません。

なおバッド・バニーは今年のレッスルマニア37で試合に出場すると噂されており、すでにWWEパフォーマンスセンターでトレーニングを行っているとも言われています。

スポンサーリンク