レッスルマニア37で話し合われている対戦カード


今年4月に行われるレッスルマニア37の対戦カードば現時点でまだ発表されていませんが、WWE内ではすでに話し合われています。

『WrestleVotes』は、現在のクリエイティブ会議で話し合われている対戦カードをいくつか明らかにしています。

●ユニバーサルチャンピオンシップ:ローマン・レインズ対エッジ
●Smack Down女子チャンピオンシップ:サーシャ・バンクス対ビアンカ・ブレア
●ランディ・オートン対ブレイ・ワイアット
●バッド・バニーのタッグマッチ

バッド・バニーのタッグマッチについては、ダミアン・プリーストと組み、ザ・ミズ&ジョン・モリソンと対戦する可能性がすでに報じられています。

なおこれらのカードが決定ではなく、現時点でも決定はされていないということです。

そのため今後の状況次第ではカードも変更が加えられる可能性があります。

スポンサーリンク